家族とはいえ、一生一緒にいられる訳ではいこと、それぞれの人生がそれぞれの生き方でい存在していることを改めて実感した作品。寂しさに打ちひしがれているときにこそ読みたい。